FORESTER
LEGACY IMPREZA FORESTR PLEO R1 R2 STELLA SAMBAR
PACKAGE
SYMMETRICAL AWD
エンジントルクを4輪に伝達することによって、高次元の走行安定性を実現するAWD(All Wheel Drive)。 世界のプレミアムカーの新たな主流となりつつあるAWDの可能性を、SUBARUは追求し続けてきました。水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成されたSUBARU独自のSYMMETRICAL AWD。その生まれ持ったバランス性能と重心の低さが実現する卓越した走行性能は、自然条件の厳しい国々はもとより、世界中のあらゆるドライビングシーンで、クルマを操る歓びと安心感を生み出すのです。

◇SYMMETRICAL AWD - それは走りの歓びを広げる独創的なAWD
水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成された独自のAWDシステム、「SYMMETRICAL AWD」。重心位置が低く、前後左右の重量バランスに優れたその構造は4WD本来の優れたグリップ力を最大限に引き出し、FF(前輪駆動)やFR(後輪駆動)はもちろん、他の4WDに比べても、思いのままのハンドリングと高い走行安定性を生み出します。

□「走る、曲がる、止まる」に優れている
クルマの基本性能は、重量バランスによって大きく左右されます。SYMMETRICAL AWDは、軽量・コンパクトな上に、重心位置が低く、前後左右に重量がバランスよく設計されているため、加速や減速時、コーナリング時でのぐらつきやふらつきが小さく、軽快できびきびした走りが愉しめます。

□いつでも、どこでも安心して走れる
4つのタイヤに常に駆動力を伝えているフルタイムAWD。
それはFFやFRはもちろん、2WDから4WDに切り替える方式の4WDに比べて、安定した性能を発揮。突然の雨や雪、濡れた落ち葉や浮いた砂など、思わぬ路面の変化に対しても、より優れた走行安定性と安心感を手に入れることができます。

□シンプルだから燃費がいい
軽量・コンパクト、かつ左右対称であるシンプルな構造は、
エネルギーロスが小さく、AWDとは思えないほどの優れた燃費性能に加え、静粛性・信頼性の高さを発揮します。
SYMMETRICAL AWD
縦置きの水平対向エンジンをはじめ、ミッション、トランスファー、プロペラシャフトなど、クルマを構成する重量物を車両重心近くに一直線上に配置。前後左右に理想的な重量配分を実現しています。

◇新アクティブトルクスプリットAWD「電子制御AWD](AT車)
4輪の駆動状況とエンジントルクを常にモニターし、前後輪のトルク配分を瞬時にコントロール。突然の路面変化に素早く対応し、優れた走行安定性や高いトラクション性能を確保する新電子制御AWD。トルクロスを最小に抑えるよう駆動力を配分するなど、低燃費走行にも貢献します。

◇ビスカスLSD付センターデフ方式AWD(MT車)
センターデフにより、通常はトルク配分を前輪50:後輪50に設定。前輪または後輪がスリップした場合は、ビスカスLSDがトルクを適正に配分し、駆動力を効果的に伝えます。

◇VDC「ビークル・ダイナミックス・コントロール」
現実の走行状態を各種センサーで常に検知し、理想の走行状態に近づけるようドライバーをアシスト。VTD-AWD※ を基本メカニズムにもつ最先端のAWD制御システム。コントロールの限界付近では、VTD-AWDの最適トルク配分やブレーキの4輪独立制御、エンジン制御などにより、横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えます。フォレスターではリヤビスカスLSDとのマッチングにより、滑りやすい路面での発進性や走行安定性を高めています。走りの状況に合わせて制御をカットできるよう、オフスイッチも装備。
※VTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD]
センターデフにより設定された前輪45:後輪55のトルク配分を、走行状況に応じて連続可変制御することで、コーナリング時の優れた回頭性と直進時での走行安定性を両立するAWDシステム。

◇リアビスカスLSD
万一、後輪の一方が空転しても、後輪左右への最適なトルク配分により、エンジントルクを残る一輪に伝えてグリップ力を確保。滑りやすい路面やラフロードなどで、スムーズな発進と走行安定性をサポートします。

SUBARU BOXER
世界中のメーカーが、それぞれ独自の観点から開発を続けているエンジン。その中でもSUBARUは、確固たる理念に基づいた理想的かつ独創的なパワーユニットを提案しています。それはクランクシャフトを中心に180度左右対称にピストンを動かす水平対向エンジン[SUBARU BOXER]。そのメリットは、振動が少なく、回転バランスに優れ、しかも低重心であること。低回転域から高回転域までなめらかに吹けあがる回転フィールと走りの安定感はスポーティな魅力に満ちあふれ、あらゆるシーンで走りの愉しさを加速させます。

◇ダイナミック&スムースな走りが新しい。 新開発4気筒水平対向エンジン2.0[SUBARU BOXER]
どんな時も思いのままにパワーが反応する、躍動感あふれる走りの愉しさをめざして。フォレスターに新搭載された2.0水平対向4気筒エンジン[SUBARU BOXER]は、低振動で回転バランスに優れた水平対向エンジンの特性に加え、吸気系の最適化や排気効率の高い等長等爆エキゾーストシステムの採用などにより、日常域で多用する低中速トルクでの優れたレスポンスを実現。さらにAT・MT車ともアクセルワークにリニアに反応し、スロットル開度の緻密なコントロールを可能にする電子制御スロットルを採用するなど、スポーティな走りの愉しさとともに、市街地走行での走りやすさ、燃費のよさが実感していただけます。またEGIの高精度化や排出ガスのクリーン化に貢献するタンブルジェネレーションバルブの採用などにより、環境性能でも高いレベルを実現しています。

◇AVC搭載。全域高性能2.0[SUBARU BOXER]クロスオーバーターボ
高回転までスムーズに吹けあがるBOXER DOHCのスポーツフィールと小気味良いレスポンス。そしてどこまでもなめらかなパワーの伸び。スポーティな資質にあふれるターボエンジンは、ハイレスポンスなタービンやAVCS(可変バルブタイミング)※ の搭載などにより、実用的な中・低速回転域での高トルクを実現。さらにアクセルワークにリニアに反応し、スロットル開度の緻密なコントロールを可能にする電子制御スロットル(AT車)を採用するなど、スムーズな吹けあがりと胸のすく加速感が愉しめます。
※AVCS(Active Valve Control System:可変バルブタイミング)
低回転域から高回転域まで吸気バルブの開閉タイミングを最適制御。トルク・出力の向上とともに低燃費を実現します。


優れた低燃費を実現
燃焼効率を高める吸・排気系の最適化やAVCS(ターボのみ)の採用、さらに電子制御スロットル(ターボはAT車のみ)、Info-ECOモードを搭載した高精度な電子制御ATなどとの組み合わせにより、高出力とともに優れた低燃費を実現しています。

◇Nコントロール付電子制御4速AT(AT車)
シンプルな油圧回路と高精度な変速制御により、滑らかでパワーロスの少ない変速を実現。一定時間、ブレーキを踏んだ停止状態でいると自動的にニュートラル状態に切り替わり、燃費向上に役立つNコントロール機構も採用した電子制御4速オートマチック[E-4AT]。シフトポジションもスピードメーター内に表示するインジケーターを備えています。

◇スポーティなシフト感覚のスポーツシフトE-4AT
クイックな変速レスポンスにより、オートマチックでありながら、マニュアル感覚のスポーツドライビングを可能にするスポーツシフトE-4AT。シフトレバーによる操作の他、ステアリング上に設定されたシフトボタンにより、ステアリングをグリップしたまま指先だけで、シフトアップ&ダウン操作が可能。スポーティなシフトフィーリングが愉しめます。またメーター内に変速段数およびシフト操作の可否を表示するインジケーターを備えています。

◇Info-ECOモード(AT車)
燃料消費率のよい運転をしている時は、
インフォメーションランプが点灯しドライバーに知らせます。

◇滑らかで心地よいシフトフィールドの新設計5MT(MT車)
SYMMETRICAL AWDならではの縦置きトランスミッションによる特性に加え、ショートストローク化やシフト剛性の向上により節度感と剛性感に優れたシフト操作を可能にする5MT。1速〜3速にダブルコーンシンクロを採用するなど、確実なシフト操作とともに、滑らかさと軽快感に満ちたシフトフィーリングを実現します。

Copyright (C) 2005 TAKAYA All Rights Reserved.