FORESTER
LEGACY IMPREZA FORESTER exiga PLEO R1 R2 STELLA SAMBAR
PACKAGE
ACTIVE SAFETY
さまざまな天候条件や路面状況においても、ドライバーが深い安心感を抱きながら、ダイナミックに走りを愉しめる。そこでは、あらゆる状況でドライバーの意図する操作に応えられる高い運動性能が求められます。SUBARUは、世界中で認められた独創的なAWDシステム「SYMMETRICAL AWD」を核に、剛性の高いボディやサスペンション設計、信頼性の高いブレーキシステムなど、クルマの基本である「走る・曲がる・止まる」性能を徹底的に追求。たとえば満天の星空の下でも、雨や雪が降り注ぐ悪天候の下でも、さまざまなドライビングシーンをアクティブにする、走りの愉しさを高めています。

◇操る歓びを高める新設計クロスオーバーサスペンション
フォレスターの走りの魅力をさらに進化させるために。サスペンションは、定評のあるSUBARU4輪独立ストラット式をベースに、高い運動性能と上質な乗り心地を同時に高めています。リバウンドスプリングを内蔵したフロントダンパーやフロントサブフレームの採用に加え、ジオメトリーを一新。リヤクロスメンバーにも補強を施すことで、リヤサスペンションの剛性も向上。ラフロードでの走破性、直進やコーナーでの優れたハンドリング性能、快適な乗り心地をハイレベルで両立しています。さらにダンパーの減衰力を高めることにより、走行安定性とともに操る歓びを高めた設計となっています。

◇車体をフラットに保つセルフレベライザー内臓リアサスペンション
カーゴスペースへの荷物の積載などにより、車体後部が下がっても、走行すると自動的に姿勢を調整。走破性に必要な最低地上高や優れた走行安定性を保つとともに、快適な乗り心地を実現します。

◇走りの性能を高める新世代ボディ
クルマの基本であるボディは、性能の優劣がそのまま走りに大きな影響をもたらします。フォレスターは走行安定性に大きく貢献する、きわめて高いボディ剛性の確保とともに大幅な軽量化も実現。フロントフードをはじめボディの随所にアルミ部品を採用することで、走りと燃費を同時に高めるための「軽量化」と、走行安定性を高めるための「高剛性化」を高い次元で両立しています。

◇確かなグリップ力のオールシーズン高性能ラジアルタイヤ
さまざまなシーンで優れたハンドリングと快適な乗り心地をサポートするために。走破性、走行安定性、乗り心地を高次元で両立する215/55R17オールシーズンタイヤ(2.0XT、2.0XS)、215/60R16オールシーズンタイヤ(2.0X)をそれぞれ用意しています。


◇さまざまな状況でしっかり止まれる4輪ディスクブレーキ
オールマイティな走りの愉しさを支えるために。フォレスターのブレーキは、全車に2ポットキャリパー付のフロントベンチレーテッドディスクを採用した4輪ディスクブレーキシステム。さらに2.0XTのフロントには大型ローターを採用するなど、さまざまな路面で安定した制動力を発揮します。


PASSIVE SAFETY
安全性は実際の交通環境におけるさまざまな状況で発揮されてこそ、真の価値をもちます。そのためSUBARUでは、リアルワールド(現実世界)で実際に起こる交通事故を想定した独自の観点から衝突時に乗員を保護するセルフプロテクション性能を追求、さらには自車よりも大きなクルマとの衝突からいかに身を守るか、歩行者や小さなクルマにいかに配慮するかというコンパティビリティ(共存)性能の確保など、乗る人はもちろん、その周りにいるすべての人を守ることを視野に、総合的な衝突安全性能をめざしています。またフォレスターにおいては運転席・助手席ともに、最高の安全評価である6つ星を獲得。高い衝突安全性能が実証されています。

◇全方位の衝撃に対応するサブフレーム付新環状力骨構造ボディ
水平対向エンジン[SUBARU BOXER]の縦置きレイアウトは、衝撃吸収効果の高いフロントサイドフレームをバンパー前端から後席足元まで左右対称にストレートに伸ばすことができます。フォレスターでは、このサイドフレームの下にサブフレームを配置。前面からの衝突エネルギーを効率よく吸収するフレーム構造により、効果的な衝撃吸収を可能としています。さらにキャビンを強固なピラーやフレーム類で、囲むように結合し、軽量化とともに強化を図ったSUBARU独自の「新環状 力骨構造ボディ」を採用。あらゆる方向からの衝撃に対応する、高度な衝突安全性能をめざしています。
□衝撃吸収に有利な水平対向エンジン
エンジン全高が低い水平対向エンジンは、衝突時にエンジンがフロア下へ降下しやすい構造となっているため、車のフロント部分をクラッシャブルスペースとして衝撃吸収に有効に使えるほか、エンジンがキャビンに侵入して乗員にダメージを与える可能性を低減します。

◇相互の安全性に配慮した衝突安全性能への取り組み
□自車の乗員を保護する取り組み
フレーム本体および結合部の徹底強化により、自車より大きく重いクルマと衝突した際の被害を軽減。またフロントサイドフレームを低位置にレイアウトし、前面衝突時での互いの衝撃吸収能力を効果的に引き出します。

□歩行者を保護する取り組み

エンジン全高の低い水平対向エンジンの特性を活かし、フロントフードとエンジンとの間に隙間を確保。さらに脱落式ワイパーの採用などにより、万一の衝突時の歩行者への衝撃軽減をめざします。

◇乗員を守る高度な安全対応
□フロントアクティブヘッドレスト
万一、後方から衝撃を受けた場合、ヘッドレストが前方に傾き、乗員の頭部を支えることで、首にかかる負担を軽減させます。

□デュアルSRSエアバッグ

万一の衝突時に、シートベルトとの組み合わせで前席乗員の被害の軽減を図るデュアルSRSエアバッグ。助手席のエアバッグは衝突時の衝撃の大きさに応じ、膨張速度を制御し、乗員保護性能を高めています。

□頭部保護機能付SRSサイドエアバッグ(運転席&助手席)

バッグの大型化により、側面衝突時に胸部はもとより頭部まで保護するよう配慮しています。

□プリテンショナー&ロードリミッター付フロントシートベルト
前面衝突時に一定以上の衝撃を感知するとシートベルトを瞬時に巻き取り乗員をしっかり拘束。さらにロードリミッターが拘束力をコントロールし、乗員への負担をやわらげます。2.0XTの運転席には、ダブルプリテンショナー(ショルダー&ラップ)を採用し、肩部と腰部の拘束性を高めています。

□ISO FIXチャイルドシート対応構造&デザーアンカー
ルーフに設けたテザーアンカーとともに、チャイルドシートのより確実な固定を可能にします。
 最高の安全評価 ★★★★★★
  
国土交通省によるH14度衝突安全性能総合評価で、運転席・助手席ともに最高評価6つ星を獲得。

Copyright (C) 2005 TAKAYA All Rights Reserved.